hayabusa-k

石探しとオールディーズと旅の話

ロバート・プラント

8月20日はロバート・プラントの誕生日だった
1848年生まれ 73歳

レッド・ツェッペリンを初めて聴いた時の驚きは今でも覚えている
ラジオで「グッド・タイムズ バット・タイムズ」が流れた
そこそこロックは聴いていたので たいがいのことでは驚かないはずがこの曲にはビックリ
曲の始まり、甲高いヴォーカル、変速ドラム、そして何と言ってもギターのテクニックには1度聴いただけで参ってしまった
翌日レコードを買いに行った

f:id:hayabusa-k:20210820164045j:plain

その後ギターはヤードバーズにいたジミー・ペイジだったと知る
レッド・ツェッペリンが出す曲は今までにない新鮮な感じだった
「移民の歌」「胸いっぱいの愛を」「天国への階段」など
ロバート・プラントの声はそれまでのロック歌手とは違った
高温で冴え渡り独特のヘアースタイルと共に日本でも似たミュージシャンが出てきた

f:id:hayabusa-k:20210820165800j:plain
f:id:hayabusa-k:20210820165556j:plain

ジミー・ペイジジェフ・ベックが44年生まれ エリック・クラプトンが45年生まれ
ビートルズローリング・ストーンズザ・フーから始まったUKのロック界
凄い下地があったからこそ凄いギタリストが生まれた
この時代のロンドンを見てみたかった
ロンドンを目指した アメリカの若者がウエストコーストを目指したように
73年やっと願いが叶ってロンドンに行ったが既にビートルズは解散していた
ストーンズザ・フーは既に大御所だった
UKロックは出来上ってしまった感があった

今のロンドンはどうなっているのだろう
渡英した年に当時のECに加盟したが昨年離脱した
ヘンリー王子は王室を離脱
ビートルズが生まれたリバプール世界遺産登録は取消し
成文憲法を持たないで古い伝統を重んずる英国も変わりつつあるのかも知れない

こうなったら頼りになるのはジェームズ・ボンドハリー・ポッタージャック・スパロウだけだ

f:id:hayabusa-k:20210823113056j:plain
f:id:hayabusa-k:20210823123131j:plain
f:id:hayabusa-k:20210823123414j:plain