hayabusa-k

石探しとオールディーズと旅の話

愛石

19日放送の雑誌「愛石」を取り上げた番組を録画しておいたので見た
この雑誌 糸魚川の「小さな翡翠原石館」のマスターから1册貰ったことがある
マスターはもともと水石マニアだったと言っていた

番組では雑誌を取り上げたというより石好きを取り上げたものになっていた
宝石でもない珍しい鉱物でもないただの石だけど魅力がある
魅力については人それぞれ感じ方は違うけど石好きの端くれとして何となく分かる

水石としていくつか石が出たが実物を見てみないとこればっかりは分からない
そんななかで一人の女医さんが石の魅力を語った言葉が印象深かった
「石との一期一会の楽しみ 石は何万年もの時代を経てきた その石の今に至るまでのストーリーを想像してみる そして石に選んでいただけるようなそういう自分にありたいと思っている」

凄い事を言う人がいたもんだ
これで言えば例えば翡翠なら誕生は数億年前だ
その石が地表に顔を出し川に流され海へ出て海の中で波に揉まれ磨かれてそれが浜に打ち上がる
その時偶然出会う
そしてその石のストーリーを想像してみる
‥‥?
無理 私にはそんな想像力はなさそうだ

また台座作り40年の職人さんも紹介していた
その方が作る台座はその石を見る時になくてはならない一体物になるように作っている
素晴らしいの一言
凄い人がいるんですね
私も台座を作ろうとしたことがあったが全く話にならなない

番組制作者のまとめとして
愛石家の方々は「石を通してその人を理解し 自分を理解する」
「一生一石 つまり一生をかけて一つの石と出会う」と言う方もいて ものの見方は本当に人それぞれだ
たかが石ではない奥深い石の世界がある
ということでした

f:id:hayabusa-k:20211122202527j:plain
f:id:hayabusa-k:20211122202719j:plain