hayabusa-k

石探しとオールディーズと旅の話

アイヌの長老の家

阿寒湖集落の長老が始めた民宿
現在は3代目
3代目は2歳まで阿寒にいたと言っていた

宿の魅力はいろいろあるけど
人との触れ合いが一番かな

3代目の奥さんは埼玉県から

更に4代目は8歳の女の子

この4代目が石に目が肥えている
店先のメノウ等は4代目が集めたとか
将来 石の学芸員になれる

ところで「酋長」とは未開の民族の長を侮蔑的に言う言葉らしい
アイヌには「酋長」はいなかった
 

初代ご夫婦

4代目は拾い集めた石